第173回例会のご報告

小田原トーストマスターズクラブ173回例会

U江会長より、ディストリクト評議会で話し合われたことの報告がありました。

  • 全国大会はオンラインで行う。
  • 国際本部より、完全オンラインクラブもクラブ認定を受けられる。
  • 国際本部より決められた予算内でディストリクト内の運営を行うことです。

また、この日入会宣言をされていたO津さんの入会式がありました。オンラインで不具合がありましたが、入会されました。おめでとうございます!

本日のTMODはK藤さん。K藤さんは会場から参加してくれました。

途中までI田さんも会場に来てくださいました。

ZOOMホストはS水さん。

今日の言葉はS原さん。「私事ですが」という言葉を発表していただきました。

計時係にS水さんとK藤さん。時間内で行うことの大切さを丁寧に説明頂きました。

集計係はT橋さん。例会レポートはU江です。

準備スピーチに入り、最初のスピーカーはS水さん。

プロジェクトは革新的な企画立案L2聴衆と気持ちを通わせる。

タイトルは「妄想力を産む感性の醸成」8分38秒の時間で、

発想力の大切さと具体的にどのようなことをすれば発想力に必要な妄想力をつけられるかという内容でした。特に印象深いのは、妄想力は制限なく思いっきりして可能性をどんどん開いていくという点でした。自由に考えてこそ、楽しい未来が待っているように感じました。

2人目のスピーカーはKさん。

プロジェクトは洞察力に富むコミュニケーションL1リサーチとプレゼンテーション。

タイトルは「満員電車に思うーちょっとした調べから」9分12秒の時間で

何のために働くかということを日経の調査からのデータや、野良猫の例えから具体的でわかりやすいスピーチをされました。

納得感が強かったのが、会社に安定性を求める安全欲求と、昇給ややりがい、達成感を求める成長欲求が相反することで、そのバランスは人それぞれ調整しているという点でした。

安心を抜け出してこそ、人としての成長があり、人生が変わるきっかけになるようにも感じました。

3人目のスピーカーはK藤さん。

プロジェクトはなしでスピーチタイトルは「やる気の出し方」。7分22秒で

K藤さんが行っているやる気の出し方と、参加者からやる気の出し方の意見交換会の時間がありました。

ギリギリまで引き延ばす、ご褒美を用意する、長期目標を立てる、少しだけ取り掛かる、予定をたくさん入れるなどの方法を共有しました。

K藤さん、たくさんの役割の中、みなさんの力になることをしてくれて、

代表して、ありがとうございます!

次がみんなでテーブルトピックスの時間です。参加者一人一人がお題を用意し、それを誰かに答えてもらうものです。実際体験してみると、とても楽しく、その人それぞれのカラーがわかり、交流が一番できた時間だと思いました。即興でスピーチするという特徴を上手く活かせた場面でもありました。

お題は「今までで、またこれから、最高の誕生日の祝られ方」「失恋から立ち直る方法」「辛子をつけるもの、つけないもの」「今までの一番のダイエット」「あなたの一番の特技」「スクラッチで1万円当たったら、貯金以外ですることは」です。この場面で今日の言葉、『私事ですが』が大活躍し、みなさんの笑顔がよく見られた場面でした!

休憩をはさみ、論評の部です。

S水さんのスピーチの論評をU江さんが行い、3分16秒で、

トピックの選択がマニュアルに合っていたこと、具体例でイメージしやすかったこと、TO DOを示すことで動機付けにもなったこと、時間範囲内だとコンテストにも対応できたことを論評されました。

Kさんのスピーチの論評をS原さんが行い、即興での引用が素晴らしかったこと、野良猫の例えが説得力があったこと、プロジェクトのリサーチとプレゼンテーションがあってよかったこと、問題提起をはじめにもってくるとさらにわかりやすくなり、またメッセージの深堀で印象深くなることを論評されました。

K藤さんのスピーチの論評をKさんが行い、構成がよかったこと、タイトルがわかりやすくこと、自身のエピソードを入れることで納得感があったこと、TO DOの深堀があるとさらに印象強くなるスピーチに近づくことを論評されました。

今日の言葉、『私事ですが』はみなさん、3回以上使って例会が盛り上がりました!

総合論評はT橋さんで、例会内での、入会式の柔軟性や今日の言葉の選択、丁寧な役割説明、テーブルトピックスのアレンジ、時間の使い方などのそれぞれの素晴らしかったことの共有をしました。また気づいたこととして、会場について改めて検討などを提案してくださいました。論評者に関しても、それぞれの特徴と特にスピーカーのためになる論評部分を取り上げ、論評の魅力である、またスピーチしたくなる、また論評したくなる、そんな気づきのある総合論評をしてくださいました。

受賞者は最優秀テーブルトピックス賞、T橋さん。最優秀論評者賞、S原さん。最優秀スピーチ賞、K藤さんです。

感謝を伝えるブーケトスの時間で、みなさん想い思いの気持ちを言葉に変え、伝え合いました。

少人数だからこそできた、ありのままのその人らしさが出た例会でした。

参加されたみなさん、ありがとうございました!!