第134回例会の報告

本日の例会は、小田原の郷土文化館で行いました。I田会長のおもてなしの心が心に響いた!という挨拶から始まりました。

先日、交流のある三島トーストマスターズクラブの100回記念例会に参加し、そこでの三島クラブのおもてなしの心遣いがとても感銘を受けたお話です。また、仕事でそれを活かすという点できっかけ作りやアフターフォローなどの重要性もお話しされました。ためになるお話しでした。

本日のトーストマスターはI田会長、例会テーマは「やってもやらなくても同じ2時間!!」なんとなくの例会参加より、積極的に参加して少しでも得るものを多くしようというテーマです。コンテストに向けての雰囲気が感じられるテーマです。

今日の言葉は、この日入会されたU井さん、「節目」という言葉を選ばれました。季節感があり、節分より節目という言葉の方が使いやすいという理由で選ばれました。節分が4つの季節の変わり目にあるということをとてもわかりやすくお話しくださいました。

今回は、エリアコンテストスピーチ予行練習です。トップバッターはS水さん。「忘れられない一冊、あこがれの最後」というタイトルで、青春期に夢中になった本の話をしてくださいました。本の内容を動きをつけて話してくださったり、あこがれの最後をユニークにスピーチされたりと、聴いている人を飽きさせないユニークなスピーチでした。

二人目はY中さん。「挑戦の原点」Y中さんが今まで歩んできた道のりの挑戦をお話しくださいました。自分に合った環境で努力を続ける大切さがわかりました。

次はワークショップ、気持ちを伝えるしゃべり方です。自分の苦手な発音を知ることや、言い方一つで伝わる感情などをU江さんが語りました。表現のポイントもあり、表情を意識したり、伝えたい感情を決めるなどを語りました。

次がテーブルトピックス、司会はS藤Tさん。理想の異性ならどういうかをテーマに、難易度の高い、ハートの強さを鍛えるお題を出していました。お題は3つ。1.理想的な異性の名前とその由来。2.理想的な異性なら歩きスマホをする人にどう注意するか。3.理想的な異性にどうなぐさめてほしいか。みなさん返答に苦戦しながらも、とても楽しい時間になりました。

次に教育担当のS藤Hさんより新入会員説明会を語られました。ポイントを絞ってあったので、何が重要かわかりやすかったです。今後に役立つ説明会でした。みなさん、ぜひ早めの返信のご協力をよろしくお願いします。私も気をつけます。
論評ではえーとカウンターのS原さんがランキング形式で報告をしてくださり、鬼のようなカウントなのに福が来るような温かい励ましで発表されていたのが印象的でした。今日の言葉もみなさん使ってくださり、この例会が節目の一つになるような会でした。総合論評のS藤Hさんは会全体を見ながら、個々の良いところを具体的に話してくださり、レベルアップにつながる総合論評でした。

受賞者はテーブルトピックスではU江さん、コンテストスピーチではY中さんでした。
ゲストの方もテーブルトピックスに参加してくださり、会全体が盛り上がる例会でした。

第134回例会写真_190214_0002

広告