第129回 例会の報告

■日時:2018年11月17日(土) 15:30~17:30

■内容:

11月17日(土)、小田原トーストマスターズクラブは小田原市にあるなりわい交流館で開催しました。見学者1名とトーストマスターゲスト三島のO原さん、計2名のゲストを迎え、会員は7名、合計9名で例会を開始しました。

 

まずは、会長のI池さんから、見学者とトーストマスターゲストを紹介し、連絡事項をはさみ、例会が早速始まりました。

 

さて、今日のトーストマスターは、今回の例会を提案したS原さんが担当します。本日の例会テーマ「恐怖のオーバーリアクション例会 恥じらいなんてぶっ飛ばせ!」です。オーバーリアクションや派手なパフォーマンスをすると高確率でスベリます。そして話し手はこのスベリを常に恐怖しています。この恐怖に敢えて挑戦することでスベリにも慣れ、恐怖から解放されるでのはないでしょうか。

オーバーリアクションをした人に最も効果的にリアクションをした人に1票、最もスピーカーが話しやすいリスニング、リアクションをとっていた方に1票と、通常投票とこれらの賞がありました。

続いて、「今日の言葉」を担当するY中さん、会場の端から端まで身体全身を使って「はんぱないって」を表していました。今日の言葉は「はんぱないって」でした。

また、例会の運営係として以下の方々に、オーバーリアクションをしながらいつもと違うヘルパーの説明をしていただきました。一人一人個性がありました。お疲れ様です。

計時係:U加江さん、集計係:N岡さん、文法係:三島O原さん、えーとカウンター:S水さん、例会レポーターT田

 

さて、最初は「準備スピーチ」です。本日は2名のスピーカーが登場します。

 

最初のスピーカーは、CC5(ボディランゲージ)のスピーチをしたU加江さん。タイトルは「ご機嫌の秘訣」。やせる食べ方の本を用いながら、ダイエットにはタンパク質が重要と熱く、オーバーリアクションを取り入れながら、ダイナミックにスピーチされていました。いつものスピーカーより大変だったのではないでしょうか。スピーチお疲れ様でした。

 

2番目のスピーカーは、CC8(ビジュアルエイド)のスピーチをしたS水さん。タイトルは「偉そうに言ってるけど、あんた、描けるのかよ」。イチョウを箱根町に、カニを平塚市に、犬をひっくり返して小田原市に、説明しながら、市町の特徴を捉えながら、模造紙を使って大胆にスピーチされていました。人が思いつかない発想で、新たな入口のスピーチでした。オーバーリアクションを取り入れ、スピーチお疲れ様でした。

 

なお、ベストスピーカーにはU加江さんが受賞しました。おめでとうございます。

 

さて、2つ目のコーナーは、「テーブルトピックス(即興スピーチ)」です。ここで司会をN岡さんに交代します。

いつもと違うオーバーリアクションを取り入れたテーブルトピックスでした。

お題は

  • 楽しみにしているイベントは
  • 今年の目標、どうだったか。
  • どんな忘年会。
  • ダイエット法。
  • 年末年始の風習。

 

なお、ベストテーブルトピックス賞は、④を答えたO原さんが選ばれました。

 

続く「論評」の部では、T田に司会を交代します。

Y中さん、I田さんが論評を行いました。

ベスト論評賞には、S水さんのスピーチを論評したI田さんが選ばれました。また、今回は特別な賞もあり、S原さんから特別にY中さん、U加江さんが選ばれました。

 

総合論評としては、T田が例会全体と、論評者への振り返りが行われました。

恐怖のオーバーリアクション例会、皆さん楽しめたでしょうか。今回は通常の例会と比べて、苦慮されている方も多かったのではないでしょうか。129回の例会、二時間あっという間に終わりました。参加された皆様、今日は本当に皆様お疲れ様でした。本日も楽しい時間を共有でき、ありがとうございました。他クラブのゲストの方、役割ありがとうございました。お疲れ様でした。

 

次回の第130回例会は第二に変更します。2018年12月8日(土)15時30分~

開催場所 ※次回例会会場:おだわら市民交流センターUMECO会議室7で開催予定です。

次回、見学のご参加をお待ちしています(^^)
例会参加のご連絡、お問い合わせこちらまで E-mail:odawara.tmc@gmail.com

 

広告