より良く伝えるには「聞く力」が重要です!

今回は「聞く力」の重要性について。

このブログを読んでいる人なら、「伝える力」の
重要性は十分わかっていると思います。

ただ、人に行動してもらうためには、「聞く力」も
非常に重要です。

なぜかというと、「聞く力」がないと相手の「急所」が
わからず、相手に最適な伝え方ができないから。

そこそこの性能のものをとにかく安く買いたい人に
性能の良さを力説しても効果は薄いでしょうし、
逆に値段は高くてもいいから信頼できて長く使えるものが
欲しい人に安さを強調すると、逆に不信感を抱かれかねない。
「安かろう、悪かろう、なんじゃないか?」と。

相手に行動してもらうためには、「何を」だけでなく
「いかに」にも十分配慮する必要があり、最適な
「いかに」を選ぶには相手の本音を「聞く力」が
とても重要になります。

もちろん、対象が多人数のスピーチやプレゼンで
全ての人に要望や困っていることを聞くのは難しいですが、
それでも意思決定者になる人だけでも話を聞いたり、
「聞く力」を応用して事前アンケートをするだけでも
見えて来るものもあります。

トーストマスターズクラブが他の話し方教室や
プレゼン教室と大きく違う部分に、「話を聞いて、
自分がアドバイスをする」ということがあります。

アドバイス(論評)役は持ち回りで、自分が
アドバイス役の時は他の人は基本的にアドバイスをしません。
また、アドバイス役はただ改善点を指摘するだけでなく、
自分なりの提案もセットで出すことが求められます。

そして、アドバイスをする際に重要な軸はやはり
「話し手のメッセージがどのように伝わったか」です。
当然、非常に真剣に聞くだけでなく「結局何が言いたかったのか」
まで整理しなくてはなりません。これが、非常に「聞く力」の
トレーニングになります。

慣れないうちはなかなか大変ですが(私もまだまだ修行中です)、
これを経験することで、「自分ならこうする」という話し手視点でも
話を聞き、自分の血肉にすることができます。

話す力だけでなく聞く力も伸ばせるトーストマスターズクラブ、
ぜひ一度見学に来て、実際に見てみて下さい(^^)

2014-10-04 08:27:41
テーマ:
広告