『背中を見せずにアイコンタクトをキープしよう!』

アイコンタクトはスピーカーと聴衆を結ぶ大切な絆です。

背中を見せて絆を切ることはよほどの必然性がない限り避けた方がいいでしょう。

黒板にメッセージを書き出すときも、出来るだけ背中を見せず、45度の角度を保つよう心がけましょう。

広告