第135回例会の報告

135回例会報告

 

2月16日(土)の15時30分よりなりわい交流館にて第135回例会が開催されました。

まず会長のI田さんからあいさつがあり、中島みゆきさんについて話し、コンテストについてとても衝撃を受けた話をされました。

その後、TMODのS藤さんに司会が移りました。

まず初めに、特大エナジードリンクを皆に振る舞い、

乾杯のあいさつをしました。

乾杯のあいさつをする人を英語ではトーストマスターといいます。

今日は文字通りのトーストマスターです。(普段は例会内では乾杯はほとんどしません。)

本日の例会テーマは「経験値を稼いでレベリングをしよう」。

ゲームなどでレベル上げをしたことのある人もいるかもしれませんが、

現実でも例会を通して経験値を稼ごうところからテーマを設定してくれました。

続いて今日の言葉はS原さんで「ゲッツ」と発表されました。

2003年の流行語対象であり、ダンディ坂野の鉄板ネタをチョイスしてくれました。

続いてヘルパー報告ではみなさん今日の言葉を早速使っていました。

そして、準備スピーチの部に移ります。

1人目のスピーカーはU井さんでタイトルは「しんきゅう」

鍼灸の教師として勤めているU井さんの趣味のお話しでした。

筋トレと梅酒づくり趣味とのことでした。

鍼灸の「しん」、筋トレの「き」、梅酒の「う」の3つで「しんきゅう」という遊び心もありました。

2人目のスピーカーはU江さんで「ヴォーカルバラエティー」

ヴォーカルバラエティにおいて重要なのは「感情」

①1つの感情を決めて②表情を作り③発声する。鏡を見ると効果的だそうです。

3人目のスピーカーはゲストのO原さんでスピーチタイトルは「あなたの言葉に微笑みを」

エリアコンテストに出場されるということでその練習のスピーチでした。

自分が意図したことじゃないのに相手に誤解を与えてしまう。

そんな小原さんの経験談を語り、少し言葉を足すことで相手に誤解を与えずちゃんと伝えることができるのではないかというスピーチでした。

続いてテーブルトピックスではS野さん。

お題は受験での面接(就職面接も含む)から出題していただき、受験シーズン真っ最中のとても時期にあったお題でした。

その後、論評の部に移り、司会がY中さんに変わります。

U井のスピーチの論評をS水さん、U江さんのスピーチの論評をS原さん、O原さんのスピーチの論評をI田さんがしてくれました。

その後、ヘルパー報告ののち総合論評がありました。

受賞者発表では、最優秀テーブルトピックス賞がゲストのN村さん、最優秀論評賞がS原さん、最優秀スピーカー賞がU江さんでした。

ゲッツで大盛況の例会は幕を閉じました。

 

次回は136回例会で3月2日です。

 

 

 

広告