第111回 例会のご報告

2月17日(土)に小田原トーストマスターズクラブの111回例会が生涯学習センターけやきで行われました。
例会はT田会長の挨拶から始まりました。

新しい画像
今日のトーストマスター(総合司会)はS原さんでした。例会をS原節で、会場に笑いを起こしていました。
例会テーマは
「みんな助けて!大向こう!」でした。S原さん自身が大向こうが大好きで、みんなであたたかな大向こうを掛け合い、助け合い、リラックスするために選ばれました。

新しい画像 (1)
今日の言葉は「晴れ(の)舞台」でした。
N岡さんが、ご自身の経験を踏まえた素敵な考え方の出来る言葉を選ばれました。
その後、ヘルパーの紹介があり、「準備スピーチ」の部に移りました。

準備スピーチでは3名のスピーカーがスピーチされました。

最初のスピーカーは基本マニュアル2つ目の「ポイントを押さえる」に挑戦するU江さん。タイトルは「変えたい」。

有名になった事件の話題から、U江さんの知識と経験から真実をみんなに教えてくれました。
迫力があり、熱い思いの伝わってくるスピーチでした。

新しい画像 (2)

2人のスピーカーは基本マニュアル4つ目の「表現方法」に挑戦するJ保さん。
タイトルは「カマキリ先生の教え」。
カマキリ先生という昆虫に対する知識と愛情がたくさんある人の伝えたかったことを、スピーチされました。
さらに何気ないはずのパソコンの画面ですら、J保さんのユーモアと情景描写で見事に表現されました。

新しい画像 (3)

3人目のスピーカーはACマニュアル2つ目の「うまくいく交渉術」に挑戦するO原さん。タイトルは「五輪観戦を優先しますか?」
ロールプレイにディスカッションもあるというバラエティ豊富で、時期にあったスピーチをされました。
日常生活で使える交渉術を例に出し、分かりやすく丁寧でした。

新しい画像 (4)

 

ベストスピーカー賞は、J保さんでした。

続くテーブルトピックス(即興スピーチ)の部では、T田会長が冬と旬のオリンピックと直前のスピーチからという幅広いテーブルトピックスを出題されました。以下の8問です。

「あなたの防寒対策」
「あなたが寒い日に食べたいもの」
「寒い日の休日の過ごし方」
「あなたが日本代表ならどの競技をしたいか」
「あなたがフィギュア選手ならどんな音楽で演技したいか」
「あなたが変えたいと思っていることは何か」
「あなたが尊敬している人は」
「あなたのおすすめのスイーツ」でした。

ベストトピックス賞にはU江さんでした。
3つ目の「論評」の部では、Y中さん司会のもと、U江さんにはN木さん、J保さんにはI田さん、O原さんにはI塚さんの論評をされました。
3人ともスピーチの内容をよく理解して、スピーカーの良かったところをたくさん見つけて、本人のためになる改善点を示されました。
ベスト論評者はN木さんが選ばれました。

総合論評は、Y中さんが例会全体と各論評者について丁寧で的確なフィードバックをされました。

T田会長が終わりの挨拶をされて、無事閉会となりました。

新しい画像 (5)

広告