第38回例会のご報告

2月7日(土)、小田原トーストマスターズクラブの第38回例会が、小田原市民会館会議室にて開催されました。3名の見学者と4名のサポーターを迎え、学びを深めています。

まずは、会長である私、T中の挨拶です。
1週間前に参加した役員研修会での学びを共有しました。
感動した瞬間を思い出し、クラブメンバーにも感動の体験をしてもらえるよう、他クラブの役員の方々と対話を重ねています。縁あって入会した皆様には、長く活動を続けてほしいと語りました。

そして、今回は、入会審査と入会式を執り行い、無事に1名の新メンバーを迎えることになりました。
K後さんです。皆様、よろしくお願いいたします!

さて、教育の部に移り、「今日のトーストマスター(総合司会)」は、引き続き、T中の担当です。
早速、「今日の言葉」ですが、こちらは先ほど入会したばかりのK後さんから、発表されました。
選択した言葉は「チャレンジ」。
新しい環境に身を置き、すべての物事がチャレンジであるため、この言葉を選んだそうです。

また、ヘルパーとして、例会の運営を以下の方々に、お手伝いしていただきました。ご協力ありがとうございます!
計時係:T田さん、集計係:I塚さん、文法係:O原さん、えーとカウンター:K池さん

さて、最初は「準備スピーチ」のコーナーです。本日は3名のスピーカーが登場します。

最初のスピーカーは、S藤さん。タイトルは「住めば都」。
S藤さんが、数年前に小田原へ移り住むことになった奥様とのやりとりを披露。都会暮らしに慣れていたS藤さんは、小田原に住み始めた頃、「無い無いづくし」で戸惑ったといいます。
しかし、同じマンションに住む人たちとの交流や、小田原トーストマスターズクラブに入会したことで、良い出会いが増えていることに気付いたそうです。これからもクラブ内の役割を果たしてゆくと決意表明で締めくくりました。

2番目のスピーカーは、I村さん。タイトルは「ボディランゲージに勇気はいらない」。
今回、挑戦するプロジェクト(課題)がボディランゲージであったため、実際にボディランゲージを使う場合と使わない場合の比較を示し、その効果を実証しました。
また、自分の好きなことを話している時は、ボディランゲージが自然に出来ていることを踏まえ、「特に構える必要はない!」と聴衆に勇気を与えてくれました。

3番目のスピーカーは、サザンビーチTMCのK口さん。
タイトルは「トーストマスターズありがとう」。
昨年12月に開催された神奈川地区新人戦のスピーチを再現していただきました。
話が続かず、苦手意識を持っていた人との関係を改善したいと考えていたK口さんですが、トーストマスターズクラブに入会し、克服することができたといいます。
「質問返し」、「周囲の人の良いところが見える」など、ご自身の経験から、その効果を具体的に語られ、とても説得力がありました。トーストマスターズクラブは素晴らしい!とのことです。

なお、ベストスピーカーには、I村さん、K口さんの2名が輝きました。

さて、2つ目のコーナーは、「テーブルトピックス(即興スピーチ)」となります。ここで司会をS野さんに交代します。学校や会社へ入る前に、面接で受けた質問を引き合いに、以下の4問が出題されました。
① 小学生頃、両親と電車に乗り、席が1つだけ空いていました。誰が座りますか?
② あなたは交番のおまわりさんです。おばあさんが訪ねてきている時に、外で男性同士のケンカが始まり、電話も鳴りはじめました。どれを優先して対応しますか?
③ お坊さんに「くし」を売るとしたら、どのようにしますか?
④ 「もしもし」という言葉が無くなったら、電話をかける際、何と言いますか?

なお、ベストテーブルトピックス賞は、小さな頃でしたら親が座り、ひざの上に自分が座ると回答したK池さんが選ばれました。

続く「論評」の部では、新橋TMCのA藤さんに司会をお願いしています。
神奈川TMCのW邊さん、小田原TMCのHさん、T橋さんの3名が、論評を行いました。
ベスト論評賞には、2名が時間オーバーとなったこともあり、Hさんが選ばれました。

総合論評としては、A藤さんから、例会全体と、論評者へのフィードバックが行われました。
開会のあいさつから振り返りを始め、メンバーの新しい挑戦をたたえ、素敵な言葉も取り上げるなど、きめ細かな内容でした。もちろん、ゲストを紹介する際のコツや、時間オーバーの論評者へ省くべきところを伝えるなど、提案も忘れてはいません。温かい雰囲気がとても良いとまとめていただきました。

ゲスト感想では、見学の方から、「話の力はすごい!」とスピーチに対してお褒めの言葉をいただきました。

そしてなにより、今回も、サポーターの方々には、大変お世話になりました。感謝です!

今後とも引き続き、よろしくお願いいたします。

次回、見学のご参加をお待ちしています(^^)
例会参加のご連絡、お問い合わせこちらまで E-mail:odawara.tmc@gmail.com