第12回例会のご報告

第12回例会は 2013年12月21日(土) 15時30分~17時30分 に実施されました。

例会参加のご連絡、お問い合わせこちらまで

E-mail:odawara.tmc@gmail.com

小田原トーストマスターズクラブの第12回例会は、小田原場内の小田原市郷土文化会館で行われました。

始めの挨拶は私 会長のS野、今年一年を振り返ってみると小田原トーストマスターズクラブは多くの方々に支えられて実感することが出来ました。来年もよりサービスが出来るようにしていきたいですと挨拶をさせていただきました。

次に、教育の部に移り、「今日のトーストマスター(総合司会)」は、S藤さんです。クリスマスが近いということでサンタの帽子をつけての登場でした。
今回は、登場する方に「あなたにとって論評は何ですか?」といった様々なお題を出して、聴衆の方を飽きさせない演出をしていただきました。

まず、「今日の言葉」は、K口さんが担当。雨が「ザーザー」降るといった擬態語や擬音語「オノマトペ」を積極的に使用しましょういう提案をしていただきました。

また、ヘルパーとして、例会の運営を以下の方々に、お手伝いしていただきました。皆さん、円滑に説明をしていただきありがとうございます。
計時係:K池さん、集計係:I村さん、文法係:H松さん えーとカウンター:A川さん

さて、次は「準備スピーチ」のコーナーです。今回は4名のスピーカーに、スピーチを披露していただきました。

最初のスピーカーは、S水さん。タイトルは「赤い幸せ」。
S水さんが愛する野球球団 広島について詳細なデータを踏まえていかに広島が素晴らしい球団かとお話をしていただきました。また、勝敗の成績だけではない違う野球の楽しみ方を知ることが出来ました。

2人目のスピーカーは、T口さん。タイトルは「恋人たちのクリスマス」。この季節にちなんだクリスマスの話題でとても盛り上がりました。恋人同士、本当に愛し合っているか?許しあえるのが恋人ではないかといったお話を効果的な演出で訴えられました。

3人目のスピーカーは、T中さん。タイトルは「未来への種まき」。ご自身の来年の目標を発表して何でその目標を設定したのか論理的にお話をしてくださいました。とても感動的な話でした。

4人目のスピーカーは、S藤さん。タイトルは「例会の進行」。今回の例会の進行を通して、効果的な演出をされていました。また、スピーチの部では、聴衆を引き付ける工夫をされて随所に笑いが起こっていました。

なお、ベストスピーカー賞には、S水さんとT中さんが輝きました。

次のコーナーは、「テーブルトピックス(即興スピーチ)」となります。ここで司会をK口さんにバトンタッチしました。一年が終わろうとしているこの時期にぴったりなお題を以下の3問出していただきました。
①今年一年を漢字一文字で表して下さい。

②来年一年を漢字一文字で表して下さい。

③宝くじ7億円あったたらどうしますか?

なお、ベストテーブルトピックス賞は、T橋さんが受賞しました。

続く「論評」の部では、司会を私S野にバトンタッチします。

4名の方が各スピーカーへの論評を行いました。皆さん、論理的に話をされてとても分かりやすかったです。

ベスト論評賞には、S藤さんへの論評を行なったO田さんが選ばれました。

次は、「トーストマスターズを語る」のコーナーです。司会はK池さん。トーストマスターズの魅力をご自身の体験談に基づきお話されました。総合論評として、私から、まずは各論評者へのフィードバックが行われました。今年最後の例会を無事に終えることが出来ました。

活気あふれる例会で2名の入会宣言をいただきました。
Y山さん、T橋さん、今後ともよろしくお願いします。

なお、小田原トーストマスターズクラブでは、一緒に学ぶ新会員を募集しております。
ご興味を持たれた皆様、ぜひ、いらしてください。見学は三回まで無料です。

次回、見学のご参加をお待ちしています(^^)

例会参加のご連絡、お問い合わせこちらまで
E-mail:odawara.tmc@gmail.com

広告