第11回例会のご報告

第11回例会は 2013年12月7日(土) 15時30分~17時30分 に実施しました。

例会参加のご連絡、お問い合わせこちらまで

E-mail:odawara.tmc@gmail.com

小田原トーストマスターズクラブの第11回例会は、小田原市民会館で行われました。

始めの挨拶は私会長のS野、内容としては、先日、江戸トーストマスターズクラブの25周年記念例会に出席してきました。多くの仲間と出会い刺激を受けて来ました。小田原トーストマスターズクラブも地域の方に愛される良いクラブにしていきたいと思いました。

次に、教育の部に移り、「今日のトーストマスター(総合司会)」は、引き続き私S野の担当です。
今回は、「好きな本は何ですか?」というお題を出席者の方に出させていただきました。紹介をする際に使用させていただきました。色々な本を知るとともに、お人柄を知ることが出来ました。

まず、「今日の言葉」は、K谷さんが担当。ベートーベンの喜びの歌に、ちなんで喜びという言葉を発表していただきました。素敵な言葉で皆さん意欲的に使用されました。

また、ヘルパーとして、例会の運営を以下の方々に、お手伝いしていただきました。ご協力ありがとうございます。
計時係:A木さん、集計係:M川さん、文法係・えーとカウンター:I村さん

さて、次は「準備スピーチ」のコーナーです。今回は2名のスピーカーに、スピーチを披露していただきました。

最初のスピーカーは、私S野。タイトルは「一つ一つ」。
曹操の「梅林渇きを解く」という有名な言葉をとりあげて、その背景を説明するとともに、本来の意味「代用品でも一時しのぎになる。」という意味の他に短期目標の大切さを訴えました。他にも、京セラの創業者の稲盛和夫さんや自分自身の体験談を入れました。

2人目のスピーカーは、K池さん。タイトルは「見えているものは正しいの?」。美容業界を例にして、女性のメイクやヒールの例を挙げて一見本物に見えているものが実は違うという興味深い話をされました。また、ご自身の体験談を入れて、見えているものは、一つの事象に過ぎず感覚的な見えないもの大切さを訴えられました。なお、ベストスピーカー賞には、私S野が輝きました。

次のコーナーは、「テーブルトピックス(即興スピーチ)」となります。ここで司会をO江さんにバトンタッチしました。

「テーブルトピックス(即興スピーチ)」のコツをお話させていただきました。即興スピーチの構成の仕方や話すときのテクニッカの話がとても興味深かったです。また、話し手に対して温かいフォローをしていただきとても勉強になりました。

お題を以下の5問出していただきました。
①もしもあなたが女性に生まれ変わったら何をしますか。

②あなたはTシャツを作ります。四文字熟語を印刷して下さい。

③あなたは、会場係です。来月、王様が30分だけ来ます。どのような工夫をしますか。

④あなたは、10歳の自分に何を伝えますか。

⑤あなたは、危険な話を渡ろうとしています。その先に、何がありますか。

なお、ベストテーブルトピックス賞は、K谷さんとI吉さんが受賞しました。

H松さんとA藤さんが各スピーカーへの論評を行いました。皆さん、スピーカーのためになるフィードバックをされていました。

ベスト論評賞には、K池さんへの論評を行なったA藤さんが選ばれました。

IMG_20131207_171548665

続く「論評」の部では、司会をI吉さんにバトンタッチします。

次は、「トーストマスターズを語る」のコーナーです。司会はA木さん。トーストマスターズの魅力をご自身の体験談に基づきお話されました。

IMG_20131207_170833806
総合論評として、I吉さんから、まずは各論評者へのフィードバックが行われました。例会全体をくまなく見ていただきあげました。また、今回も師走にも関わらず、多くのサポーターの皆様が駆けつけていただきました。ありがとうございます。
IMG_20131207_171651598564633_708645799153463_207502794_n

なお、小田原トーストマスターズクラブでは、新会員を募集しております。ご興味を持たれた皆様、ぜひ、いらしてください。見学は三回まで無料です。

次回、見学のご参加をお待ちしています(^^)

例会参加のご連絡、お問い合わせこちらまで
E-mail:odawara.tmc@gmail.com

今後の予定
第12回例会 12月21日 15:30~17:30
小田原市郷土文化館 会議室
http://www.city.odawara.kanagawa.jp/public-i/facilities/kyodo/kyodo.html